社会福祉のための共同募金の役割

福祉 募金

福祉 募金について

社会福祉のための共同募金の役割

社会福祉活動の一環として、社会福祉法という法律にも規定されている共同募金とは、私たちの地域のための募金活動であるということはご存知でしょうか。
赤い羽根募金とも呼ばれるこの活動で集められた助成金の使い道を知らないという方が意外にも少なくはありません。
主に地域の高齢者や障害者の生活やスポーツ活動のサポート、介護施設運営の支援、子供達のための施設や子育ての支援、更には地域の除雪活動やサロンの運営などが例としてあげられます。
このような用途として、年間6万件の事案に対しおよそ169億円の支援しています。
更には、助成先は市民によって決められるということはご存知でしょうか。
都道府県共同募金会には市民参加により設置されている配分委員会があります。
この委員会の中で、市民が話し合って助成先を決定されています。
私たちの生活の福祉に大きく関係している活動です。
様々な場所で行われているため、積極的に参加することをおすすめします。